FC2ブログ

2009-01

Latest Entries

アモイ(廈門) Xiamen

台湾の対岸に位置する港湾都市アモイ
冬でも暖かい気候の海岸線とあって、
国内からも多くの観光客が訪れます。

春節のこの時期。
ただでさえ人の多い中国の観光地、ものすごい人でした。
結果、「春節は中国を脱出すべき」という教訓を得ることができました。

南国らしく開放的な雰囲気。
とくに、フェリーで渡るコロンス島は
19世紀半ばからに欧州各国や日本の共同租界地だっただけあり
町並みに異国の風情が残ります。

島内は車の使用が制限されています。
そのかわりに
大音量の電子メロディーをたからかに鳴らしながら
島を一周してくれる何台ものバッテリーカーが
人混みを縫うようにひっきりなしに走っていました。


xiamen1.jpg
xiamen2.jpgxiamen3.jpg
xiamen4.jpgxiamen5.jpg

xiamen6.jpg
xiamen7.jpgxiamen8.jpg
xiamen9.jpgxiamen10.jpg
xiamen11.jpg
xiamen12.jpg
xiamen13.jpg

スポンサーサイト



広州 Guangzhou

広東省の首都、広州市。
訪れたのは2009年の春節(中国のお正月)の1月下旬。
厚い雲に覆われ、時折冷たい雨がしとしと。
20世紀初頭、外国人移住区だった沙面の洋館が当時の姿のまま残り、
遊歩道の大樹も南国らしくこの季節でも鬱蒼とした緑の葉が誇らしげです。

市街地の裏通りを歩けば、
住居の玄関口に文革時代の名残り『毛主席万歳』と。
その時代から四半世紀余過ぎた今、
当時を知る人はどんな思いでいるのでしょうか。
この国にいると、時々そんな思いに耽ります。

guanzhou1.jpgguanzhou2.jpgguanzhou3.jpg
guanzhou4.jpgguanzhou5.jpgguanzhou6.jpgguanzhou7.jpg
guanzhou8.jpgguanzhou9.jpg
guanzhou10.jpgguanzhou11.jpg
guanzhou12.jpg

«  | ホーム |  »

starfish and coffee

20october

Author:20october
ゲルマン人と大移動

ゲルマン夫とともに
2004年日本からドイツへ
2008年ドイツから中国上海へ



ただいま過去に
さかのぼって更新中
見づらくてすみません。


文章・写真の無断転用禁じます。
2009 ©20october. All right reserved.

前のブログアドレスはこちら
http://starfishan.exblog.jp

 

monthly archive

category

starfish & coffee